施術後の過ごし方

医者と看護師

ダウンタイム時

二重整形手術後にシャワーなどで身体を温めすぎてしまいますと手術後のまぶたに腫れが稀に強く出ることがあります。そのため、しばらくの間はシャワーで軽く洗い流すだけにして、入浴や激しい運動は避けたほうがよいでしょう。また二重整形の手術後1ヶ月ほどは目を擦ったり、うつぶせで眠ることは絶対にやめてください。通常、腫れが強く出る時期は3日から4日程度です。そのため、二重整形の手術をした後に腫れてしまったからといって、決して悲観的にならずに地道に回復を待つようにしましょう。また、二重整形後は目を酷使することも禁止となっています。基本的には自宅で安静にしておくことが大切なのですが、暇だからといってテレビやパソコン、スマホを長時間見たり、ゲームをしたりなどは避けるようにしましょう。目を酷使することも腫れが長引いてしまう原因となってしまいます。その他にも、食事にも気を付ける必要があり刺激によって顔が赤くなってしまうほどの食べ物はしばらくの間、食べないようにすることが重要です。

再施術にならないために

二重整形にも色々あり、中でも人気の埋没法は糸を使用するため施術後の過ごし方によっては糸が取れてしまったり、ずれてしまったりすることがあります。そのため、場合によっては再施術を受けることになってしまうこともあるでしょう。埋没法の費用は利用する美容クリニックによって料金が違ってきますが埋没法の費用相場は7万円~15万円となっています。また、施術後しばらくの間は無料で再施術が受けられる場合もありますが定められた期間を過ぎてしまうと初回同様の費用がかかってしまったり、場合によっては保証を設けていなかったりすることもあります。手軽に受けられる二重整形であっても、何度も受けるとなると高額費用となってしまうので再施術にならないよう、日々の過ごし方に注意すべきだと言えます。