医者と看護師

クリニックの選び方

二重整形を受ける際、信頼できるクリニックを選ぶことが重要になるためクリニックの見極め方を知っておくと良いでしょう。また、気になるクリニックを見つけた際は費用面のチェックも欠かせません。

詳しく見る

医者と看護師

注意点を把握しよう

二重整形や鼻整形手術の流れはどのような流れになるのでしょうか?また、整形手術の当日までに準備すべきものとその注意事項、費用はどのようなものなのでしょうか。整形をして後悔しないためにもきちんと知識を取得しておきましょう。

詳しく見る

医者と看護師

施術後の過ごし方

二重整形をした後、過ごし方によって変化があるものです。そのため、施術後の過ごし方について知っておく必要があるでしょう。間違った過ごし方をしてしまうと施術結果が悪くなり、再施術に費用がかかってしまうので気を付けるべきだと言えます。

詳しく見る

整形術種類と基本知識

顔に触れる女性

悩む人が多い目元

女性の中でも最も悩む箇所のパーツとして目が挙げられ、目が小さかったり、一重だったりするとパッチリ二重に憧れるものでしょう。今はプチ整形として人気の二重整形施術ですが、どういったものかというと埋没法と呼ばれる整形施術になっており、二重にしたい箇所に医療用糸を使用して二重にすることができるものです。切開法と違ってメスで形付けるものではないため、ダウンタイムも不要ですし費用もメスを使わない大きな施術でない分、リーズナブルとなっています。そのため、二重整形がお手軽に受けられると言えるでしょう。また、二重整形だけではなく鼻の整形も受けることができます。鼻の形は人それぞれとなっており、目元と同じく悩んでいるという方は美容整形でコンプレックスや悩みを解消すると良いでしょう。

自分の鼻を分析しよう

鼻の形が整っていれば顔が洗練された雰囲気になるものです女性の場合であれば、まずは目の二重整形をすることを推奨します。しかし、男性の場合には鼻の形を整えることによって、韓流っぽいイケメンや白人のような洗練された顔に仕上げていくのも良いでしょう。ただし鼻整形は目の整形よりも多少ハードルが高いのです。1つ間違えば整形したことが誰にでもばれてしまうような仕上がりになってしまう上に鼻整形は失敗のリスクも存在します。また、鼻整形はドクターのセンスが大切な要素になります。美容外科のサイトなどには鼻整形に関する難しい言葉がたくさんあります。そのような言葉がわからない場合、美容整形の医師にもしっかりと相談することもできないですし、最悪の場合でもされてしまう可能性もありますので、まずは鼻整形でよく使われる言葉について解説しましょう。まずは鼻根という言葉ですが、これは鼻の上のほうの目頭のあたりのことをいいます。次に鼻筋という言葉ですが、これはおわかりの方も多いと思いますが、鼻の中心の尾根のようなラインのことをいいます。そして、鼻先とはその名の通り鼻筋の一番下、鼻の1番高いところのことを言います。そして鼻翼とは鼻腔の両端のことを指します。そして鼻柱は鼻腔と鼻腔の間のことをいいます。このように鼻翼、鼻根、鼻柱などの聞き慣れない言葉がありますが、その場所さえわかれば意味が分かるものです。鼻整形などの美容外科のサイトもこのような言葉を使って手術方法などを記述しているところが多いので、是非参考にして下さい。

整形後の注意点

鼻整形はフェイスラインや脂肪吸引のように大きな手術を実施しないため、気軽に実施できる整形ということで多くの人に人気があります。ヒアルロン酸注射などは1時間もかからずに実施できますし、費用も相応な価格の場合が多いです。本格的な鼻整形となる隆鼻術というような鼻の形を整えてから高くするような整形手術の場合には、料金は高くなってしまいます。どちらの鼻整形も人気の方法ですが、鼻整形の手術の後、気をつけていただきたいことがありますので説明します。まず第一に注意したい事は術後しばらくの間は鼻に力を加えたり、強い衝撃を出来る限り与えないようにすることなのです。特に、ヒアルロン酸注射などの場合には、形が崩れてしまうようなことがあるようです。またメガネをかけるようなことも圧力がかかるため、出来る限り控える方が良いでしょう。隆鼻術の整形の場合には術後の1ヶ月間は鼻を押さえたり、こすったりするような事はしないようにしましょう。隆鼻術の場合は特に注意が必要になります。たとえ術後落ち着いてからであっても鼻に強い衝撃を与えるような事は絶対にしてはいけません。格闘技などをしているような男性の場合には隆鼻術よりも注射を利用している人が多いようです。注射による鼻整形の場合には3日程度で普通の日常生活ができるようになるのですが、隆鼻術のように切開をするタイプは鼻整形をした後に少なくとも1ヶ月ほどは注意が必要になってくるのです。鼻整形を受ける上で、最も注意したいことがその時期なのです。特に花粉症の方は1年の中で花粉が多い時期に鼻整形をすることは危険です。鼻整形自体は花粉症であろうがなかろうが受ける事は可能ですが、術後は鼻をかむことができませんし、特に花粉が多い時期には、くしゃみなどにも非常に気を使わなくてはならない状況になってしまいますので、非常に大変なことになってしまう可能性があると言えるでしょう。

整形の種類と費用

鼻の整形の種類には4種類の方法があります。 1つは隆鼻術というもので、いわゆる鼻を高くする整形方法です。もう一つは鼻尖縮小というもので、これは鼻先をとがらせる整形術のことをいいます。 3つ目は鼻翼縮小というものですが、これは小鼻を小さくする整形方法です。そして4つ目は鼻中隔延長というもので、鼻を伸ばして鼻の穴を見えなくしてしまうという整形方法になります。このような4つの方法が主な整形手術です。鼻を高くしたいような方の場合にはこの中の隆鼻術という鼻整形をするようにしてください。鼻を高くする鼻整形の中でも最も人気が高い方法が、鼻にメスを入れる必要が全くないヒアルロン酸注射なのです。これはメスで切らないプチ整形というものに分類されます。この方法は傷痕もなく、手術も10分程度でヒアルロン酸を注入するだけで鼻を高くすることができ、ヒアルロン酸を注入する量によって鼻の高さもある程度変えることができるのです。ダウンタイムも数日で済んでしまう上に、その費用も5万円程度というとてもお手軽な鼻整形術なのです。またヒアルロン酸は徐々に体の中に吸収されてしまうため、その効果は永続的ではありません。ほぼ1年程度でヒアルロン酸は体の中に吸収され始めるため、鼻は徐々に元の状態に戻っていき、 2 ~ 3年程度でその効果は消えてしまいます。また鼻整形の注入剤としてはヒアルロン酸の他にもハイドロキシアパタイトを主成分としたレディーエッセというものがあります。その使い方はヒアルロン酸とほとんど同じで、鼻を高くしたり、顎を出したり、しわを目立たないようにするためなどに使われています。しかし、レディエッセを使う場合には主成分はハイドロキシアパタイトであるため、ヒアルロン酸を溶かすように元に戻すことができません。そのため、体の中に吸収されてしまうことを待つ必要があるのです。また、元に戻るまでには数年かかる場合もあるのです。この施術を受けるような場合には、しっかりと医師からカウンセリングを受けた上で自分自身が信頼のできる医師やクリニックを選択することが大切なことになるのです。永続的に効果を発揮できる鼻整形の方法として、プロテーゼによる鼻整形があります。この方法はシリコン製やゴアテックス製など、身体に無害なプロテーゼを鼻の骨膜に挿入して鼻を高くする方法です。メスは入れますが、そのメスを入れる場所は鼻の穴の内側であるため手術の傷跡は全く目立たなく、理想的な鼻のラインを作りやすいという鼻整形方法です。この場合、施術時間は30分程度でダウンタイムは1週間から10日程度になります。そして費用は20万から35万円となり、ヒアルロン酸注射と比較すれば高くなりますが、その効果は半永久的に継続します。ヒアルロン酸注射の場合には、ジェル状になったヒアルロン酸を注入するため、極端に鼻を高くしてしまった場合、横にも広がってしまい違和感がでてしまうことがあるのです。その一方でプロテーゼによる鼻整形の場合には、鼻を相当高くしても自由度が高いため、自然な仕上がりにすることが可能になります。